ブラウザー  No.208  (June-August, 2019)

 

 

                                               目次

 

書評|イアン・ワットの収容所生活と復員後の文学研究

  河崎 良二                                                                   

 

コン・ディオス、その他  近作俳句から

  渡辺 久義                       

 

シミリーからメタファーへ

  瀬戸 賢一                          

 

 

*

 

 

 大学図書館の開架といえば、むかしは Everyman’s Library

 が定番であった。建造物などの命名権にあやかって、この文

 庫名が売りに出された頃から、世界の出版事情とともに陰り

 が見えるようになった。巨大な文庫が文庫名だけで支えきれ

 るものでないことは、だれの目にも明らかであった。

その点、オックスフォード大学出版局の企画力は他社を引                                 き離している。なかでも、Very Short Introductions は、                                   アマゾンも扱いにくい価格帯、出版界の動向を見抜いた好企                                 画で、世界中で好評らしい。Oxford World’s Classics も昔                                   の珍袖版のころから、いまのペーパーバックになってからも、                               新しい資料を取り込んで版を改め、あらたな批評の視点から                                 解題を書き直すという緩みのない配慮が、シリーズの新鮮さ                                 を維持しているようだ。たとえば、Jane EyreSense and                                                     SensibilityMiddlemarchなどは今年、第3版が出版され、                           Sanditon も文庫に入り、巻頭の30頁余の解説は論文に取                                   り組む学生にとって好個の基本文献と評価されている。

        MHM社のマークさんは読書家で数か国語に堪能な方だ                                         が、このほどJapan Documents というインプリントで新                                         しい日本研究の刊行企画を発表なさった、若い研究者に広                                         く門戸を開く趣旨が語られていて期待される。論文寄稿だ                                         けではなく、編集への参加も企画のうちだとか。