ブラウザー  No.207AprilMay2019

 

 

 

 

遊びと自由と風狂と

  渡辺 久義                                          

 

庄野潤三のサローヤン

  河崎 良二                                          

 

2019年ロサンゼルス講演:小辻節三を世界に

「諸国民の中の正義の人」章への挑戦

  広瀬 佳司                                        

 

The Medway の上流と下流

  岡 照雄                                        

 

 

*

 

 

ノートルダム清心女子大学教授の広瀬先生は日本では数少ないイディ                           ッシュ語の研究者で、先生によれば、ユダヤ系アメリカ文学の理解にイ                           ディッシュ語の知識は不可欠だとか。たぶん、知識だけでは不十分なの                           だろう、ユーモアを知識から理解するのと、感覚的に受容するのとでは、                         その差は埋めがたい。もちろん広瀬先生は後者で、講演ではイディッシ                           ュ語のジョークを駆使して聴衆を魅了していらっしゃるらしい。

土屋先生のご紹介でイェイツ学者の渡辺先生からは俳句をいただいた                             が、岡先生の短いエッセイに厚みを与えているのも言葉の由来、秀句が                          あって芭蕉の死が来るあたり、やはりイェイツ学者である。河崎先生か                           らは帝塚山派文学会会長としての多忙な時間を割いて、今号にも庄野潤                          三論をいただいた。

ご寄稿の先生方にあらためて御礼申し上げます。

 

表紙はThe Oxford Handbook of Edgar Allan Poe (2019) から、ジ                          ャケットのダゲレオタイプ写真を、許可を得て転載したもの。ポーと                          いえば、かつては、日本の高校、大学のテキストの定番だった。日本                        人研究者の寄稿はとられていないが、エムロン・エスプリンがポーと             明治以降の日本文学とのかかわりに、巽孝之先生の解説を借りて言及             しているがやや薄い。

 オックスフォードのハンドブックは、特定の主題の研究現状を俯瞰             するため、編者が執筆者を選んで新たに執筆依頼した論考を集めたも            の。直近ではThe Oxford Handbook of John Bunyan (2018)に同志社             大学の圓月先生の論文がおさめられている。主題が重なれば院生、研             究者には必見の文献と思われる。ペーパー再版を含めると毎年、ほぼ            120点前後出版されてきた。