ブラウザー206

         February/March 2019

 

 

                                      目次

 

大学入試あれこれ  

土屋 繁子                                         

 

笹山先生の「閑雲野鶴」

  河崎 良二                                        

 

エリザベス・ボウエンの現代性

  木村 正俊                                        

 

喜びの讃歌 43年目の追悼

  櫻井 正一郎                                      

 

 

*

 

 

   大阪洋書・新着/新刊洋書案内             

 

 

*

 

 

  昨年11月に他界された笹山先生と、シェイクスピア学者としては先達

だった中西先生の追悼文がかさなりました。

 

  大阪大学の藤井治彦先生が、一昨年は、はや20回忌だったとか。先生

を離れると、ことのほか歳月が早く過ぎます。大阪大学文学研究科英米

文学英語学研究室刊の Osaka Literary Review 2018は服部典之先生の

前書きに続いて「シンポジウム・藤井治彦」に発表の新野緑、川島伸博、

足立賀代子の三先生による親密な文章で、国際的スペンサー学者だった

藤井先生が回想されています。

 

*

 

  本号から、書評、エッセイを主にして編集していきたいと思いますの

で、どうぞご寄稿をお願い申し上げます。