December/January  2018/19  No.205

 

              新刊・新着洋書案内

 

□ 1843年創立のマクミラン出版社は、トマス・ハーディの出版な

    どで知られたかつてのイギリスを代表する出版社。戦後は東京

    にオフィスを構えるのが海外出版社のビジネスモデルでしたが、

    同社もYoshiという愛称でしられた田所氏を代表にして、盛業

    でした。

□ 英米の市場格差を埋めるべく、Palgrave Macmillan としてアメ

    リカ進出、現在はSpringer社のインプリントになっています。

□ 典型的な民間資本のグローバル化です。本の価格はピンと上が

    りました。経営母体のあるオックスフォードなどの大学プレス

    と違って、独立資本の民間出版では当然です。しかし、

□ 民間の大学プレスというあだ名のあるNorton 社は、有名なアン

    ソロジーのドル箱があるせいか、本の価格を抑えることに成功

    しているようです。他にも地道な出版をつづけている出版社が

    あります。グローバル化の波にのまれて、民間出版社がブリュ

    ーゲルの描いた絵にならなければいいがと、危惧します。

□ on-linee-bookの時代、ブリタニカなどの大冊の百科事典の

    場所は図書館になくなりました。それを逆手にとって、小項目

    を200頁前後の本にしたOxfordVery Short Introductions

    は、いわば21世紀の百科事典で、既刊は600冊、大成功と聞い

    ています。Oxfordの企画力でしょう。

□ 大学図書館の開架といえば、かつてはEverymans Library が定

    番でしたが、いまはOxford Worlds Classics です。テキスト

    校訂、注釈、改訳など、編集スタッフの真摯がささえています。

□ 悲しい訃報が入りました。

  湘南の地から、いつも丹念なペン書きの御注文書を下さった

   池上忠弘先生、チョーサーの翻訳に打ち込んでおられるとおき

    きしていましたが、さぞかしお心残りだったろうと残念です。

  笹山隆先生には、ブラウザー初号にシェイクスピア研究文献の

    見取図を整理していただきました。まだ、Greenblatt Who でし

    たが、いち早くお取り上げになり、その後、個人的なお付き合

    いもあったと聞いています。厳しいだけでなく、包容力がおあ

    りでした。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 The Collected Letters of W. B. Yeats  

          □ 書評・思索的リアリズムとロマン主義. (土屋繁子)

   

 

                           ご注文は

                   電話(066388-4794

                 ファックス(06)6388-4795

                         e-mail: oskbks@gold.ocn.ne.jp

 

               ホームページからもご用命ください。

                               http://www.osakabooks.jp