October, 2017  No.197

 

 

新刊・新着洋書案内

 

 

 櫻井正一郎さんの新著です。京都大学学術出版会のホームペ

    ージの一部をそのまま転載させていただきます。

  

学術選書 083 京都学派 酔故伝 櫻井 正一郎

            四六並製・411頁・税込 2,160
              ISBN: 9784814001156
            発行年月: 2017/09『京都学派 酔故伝』

       京都学派は西田幾多郎を筆頭とする哲学者らだけのものではない。狩野直

         喜らの東洋学、吉川幸次郎、桑原武  夫らによる文学研究、今西錦司の人類

         学などさまざまな学統を生み出した。本書が酔故伝と銘打たれているよう

         に酒の力があり、三高の気風があり、東洋と西洋の異質性にとらわれない

        「文」の気風がずっとあった。今日において学問とは何か、大学はどうあ

         るべきかを改めて考えさせる一冊。

  

 英文学の御輿先生のことなど、回顧しながらよませていただ

    きましたが、京都学派、これはもう京都という風土の所産の

    ように思われてなりません。昔、西脇順三郎さんが京都に見

    えたときの詩人たちとの交流、とりわけ天野忠さんとのやり

    とりにも通底しています。

 

 関西大学英語学会からは『ネオ・アングリカ』第7のご贈

    呈がありました。目次の一部です。

                 

          [巻頭言] 英語(言語)研究はバランスよく    山本 英一   

              [ ] 「英語基本5文型再評価」を読んで  伊藤 孝治 

              詩言語にみるメタファーの危うさ

              文學と語学のはざまで(II)              織田 稔   

          Chaucer の典拠を考察する

                 —The Monk’s Tale: ‘Hercules’ において       笹本 長敬

          FREE INDIRECT SPEECH について          長谷川 存古   

         占領期における英語学習事情

           —1945(昭和20)年を中心に                玉木 雄三

 

                   *****

 

         音楽療法の文献……

       エッセイ 能力か、個性か    土屋 繁子 ……

 

注文は 

電話(066388-4794 

ファックス(06)6388-4795 

e-mail: oskbks@gold.ocn.ne.jp 

                      http://www.osakabooks.jp