『アレーテイア』 第31号 2016 目次

 

T. S. エリオットと『ウパニシャッド』    村田辰夫 1

 

「ノ―ト」T. S. エリオットの二つの座標軸

  その1 リチャード・フッカーと Via Media

    その2 三人のヨーロッパ人 ダンテ、シェイクスピア、

     ゲーテ             小川正英 15

 

ローマン・ブリテンの日常生活 (3) 

マージョリー & C. H. B. クウィネル

        遠藤輝代訳  33

 

Illyria as the Carnivalesque State:

  Twelfth Night and the Consumption of Alcohol

                                   Hanako ENDO 57

 

 

(編集後記によると、編集の遠藤光先生のご都合で、『アレーテイア』は次号、第32号をもって廃刊だそうです。遠藤先生のおかげで毎号、好エッセイを読ませていただいたお礼をこめ20161226日発行第31号の目次を紹介いたします。)

 

***

 

 

在庫発売中

 

日本語字幕版DVD3

ジェームズ一世とシェイクスピアの生涯が交錯した10年にスポット

英国王一座のシェイクスピア

各巻約60分、英文スクリプト付き

オリジナル英語音声日本語字幕付き

プレゼンター ジェームズ・シャピロ

I 不安に満ちた門出 II 両義性の時代 III後世への遺産

 

セット本体価格 \100,000

各巻本体価格  \40,000

製作/発売 2012/2014

国際配給 Digital Rights Group (英国)

 

このシリーズでは、セントポール大聖堂、バンクサイド、ホワイトホール、ハンプトンコート、シオボールドの家、ブラックフライアーズやシルバー通りなど、この時代の出来事とシェイクスピアに大きな影響を与えたロンドン内外の重要な場所に視聴者を案内する。

 

シリーズを通じてシャピロは、ジェームズ一世時代を再現、そこに英国王一座のシェイクスピアを蘇らせる。