ジョージ・シュタイナーとの対話

原著は2014年にフランスで発行された、ジャーナリストのL.アドラーとのみじかい対話ですが、長いタイトルです。今年、英訳が出版されました。シュタイナーの内部にカフカへの親炙とフロイトへの憎悪があることを、アドラーは訊き出しています。教育、ハイデッガー、言語、人類の文明、死生観、小さな本ですが碩学の語りは濃密な印象です。入荷発売中。

 George Steiner with Laure Adler; tr. T. L. Fagan

   A Long Saturday: Conversations

   xi,115pp. 978-0-226-35038-7 \2,840 (Hard)

   Chicago UP, 2017 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。