What's New !

ブラウザー208号のご案内         2019年8月9日更新

 

  

 ブラウザー No.208 

 

   

  表紙は、D.S.Brewer の新刊書から。書誌は次の通り。

  A New Companion to Malory ; edited by Megan G. Leitch  and Cory James Rushton (2019)

    ISBN:978-1-84384-523-2

    

 書評|イアン・ワットの収容所生活と復員後の文学研究

 

  河崎 良二                 

  

コン・ディオス、その他  近作俳句から

 

  渡辺 久                

  

シミリーからメタファーへ

  瀬戸 賢一

関西シェイクスピア研究会書評本のご案内                         2019年8月6日更新

|| 2019年9月 例会||                                                           

The Oxford Handbook of English Law and Literature, 1500-1700

 

 

by Hutson, Lorna (ed)

 

ISBN 9780199660889  Hard  £95.00

 

Publisher: Oxford University Press

 

Publish Date: 2017

 

English Authorship and the Early Modern Sublime:

Spenser, Marlowe, Shakespeare, Jonson

 

 

by Cheney, Patrick

 

ISBN 9781107049628  Hard  £75.00

 

Publisher: Cambridge University Press

 

Publish Date:  2018

Browser 207 のご案内           2019年5月10日更新

ブラウザー  No.207AprilMay2019 

 

 

表紙はThe Oxford Handbook of Edgar Allan Poe (2019) から、ジャケットのダゲレオタイプ写真を、許可を得て転載したもの。ポーといえば、かつては、日本の高校、大学のテキストの定番だった。日本人研究者の寄稿はとられていないが、エムロン・エスプリンがポーと明治以降の日本文学とのかかわりに、巽孝之先生の解説を借りて言及しているがやや薄い。

 

 オックスフォードのハンドブックは、特定の主題の研究現状を俯瞰するため、編者が執筆者を選んで新たに執筆依頼した論考を集めたもの。直近ではThe Oxford Handbook of John Bunyan (2018)に同志社大学の圓月先生の論文がおさめられている。主題が重なれば院生、研究者には必見の文献と思われる。ペーパー再版を含めると毎年、ほぼ120点前後出版されてきた。

 

  

遊びと自由と風狂と

  渡辺 久義                                          

 

庄野潤三のサローヤン

  河崎 良二                                          

 

2019年ロサンゼルス講演:小辻節三を世界に

「諸国民の中の正義の人」章への挑戦

  広瀬 佳司                                        

 

The Medway の上流と下流

  岡 照雄                                        

 

ノートルダム清心女子大学教授の広瀬先生は日本では数少ないイディ                           ッシュ語の研究者で、先生によれば、ユダヤ系アメリカ文学の理解にイ                           ディッシュ語の知識は不可欠だとか。たぶん、知識だけでは不十分なの                           だろう、ユーモアを知識から理解するのと、感覚的に受容するのとでは、                         その差は埋めがたい。もちろん広瀬先生は後者で、講演ではイディッシ                           ュ語のジョークを駆使して聴衆を魅了していらっしゃるらしい。

土屋先生のご紹介でイェイツ学者の渡辺先生からは俳句をいただいた                             が、岡先生の短いエッセイに厚みを与えているのも言葉の由来、秀句が                           あって芭蕉の死が来るあたり、やはりイェイツ学者である。河崎先生か                           らは帝塚山派文学会会長としての多忙な時間を割いて、今号にも庄野潤                           三論をいただいた。

ご寄稿の先生方にあらためて御礼申し上げます。

 

カタログ(ブラウザー)のご案内

 

表紙は本号にもご寄稿頂いている河崎良二先生が、会長を

なさっている帝塚山派文学学会、紀要創刊号のカヴァーを、

お借りしました。

(左、阪田寛夫、右、庄野潤三)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本号から、書評、エッセイを主にして編集していきたいと思いますので、どうぞご寄稿をお願い申し上げます。

再発見 ホイットマンの小説       2017.3.7

 

Life and Adventures of Jack Engle: An Auto-Biography

A  Story of New York at the Present Time in which the Reader Will Find Some Familiar Characters

 

 先月23日のNew York Times International Edition によれば、ヒューストン大學のZachery Turpin が、未整理のホイットマン草稿の中に、出所不明の作中人物の名前らしきものがいくつか出てくるのに気づき、苦労の多い探索の結果、今のNew York Times, 当時のNew York Daily Times (1852) に掲載を知らせる A   Rich       Revelation という見出しの広告を見つけたそうです。作者は匿名でしたが、決め手は、ホイットマンのノートブックで、この中の登場人物たちの名前を特定できたことでした。発見者Turpin の言葉です。

 

“I couldn’t believe that, for a few minutes, I was the only person on Earth who know about this book”

 

執筆の時期は『草の葉』にわずかに先行、初期ホイットマン研究に大きな展開をもたらす再発見とのことです。

 

ご存知の通り、アイオワ大学はホイットマンのアーカイブを所蔵・管理し、定本全集を出しているところです。アイオワの研究者たちは何をしていたのだろうと思いたくなりますが、本来、文学とはプライベートなもの、あっておかしくない事件でしょう。いずれ考証満載の版が刊行中の全集に入ると思われますが、21世紀前期の、アメリカ文学最高の話題として、ぜひ、一書をお備え下さいますようご案内申し上げます。

 

Life and Adventures of Jack Engle

An Auto-Biography – A Story of New York at the Present Time in which the Reader Will Find Some Familiar Characters /

Walt Whitman/ Zachary Turpin

Iowa UP, 2017:02

 

 Hardback  ISBN: 9781609385125 $22.50

 Paperback  ISBN: 9781609385101 $14.00

 

細やかな愛情が注がれたウッドハウス書誌         2017.2.24

 

P. G. Wodehouse (1881-1975)

 

 

 

いまさらウッドハウスと思われる向きも多いと思いますが、二つの大戦を生き抜き、戦後はアメリカに移住、70冊に及ぶ小説を書いて、絶大な人気を誇った作家です。同じ脱出組という共感もあってか、オーデンが評価したことは有名です。

 

作中人物も英語の日常会話に成句まがいで登場するJeeves をはじめ、イギリス人がどう発音するのか Psmith、それにMulliner もイギリス人の日常生活に入り込むほどの人気者でした。ある時期のイギリス人のメンタリティを染めていたのは事実です。モームは世界の短篇百選にウッドハウスを入れています。

  

ご紹介させていただきますのは彼の書誌です。没後15年たった1990年に出版されています。ウィキペディア風の集めて羅列という書誌ではなく、どこを見ても、編者の息遣いが漏れだしてくるような書誌です。本文は Section A から Section N まで。D Periodical です。ウッドハウス自身の寄稿はもちろんですが、言及まで収録してあり、ウッドハウスへの深い愛情と傾倒と15年の歳月なしではできない仕事です。

  

P. G. Wodehouse: A Comprehensive Bibliography and Checklist

 Eileen McIlvaine, with Louise S. Sherby and James H. Heineman, Illustrations by Peter Van Straaten.

 xlix,789p.  9780870081255

 James H. Heineman,Inc./ Omnigraphics, 1990   ¥18,000

 

たいていの世間的事象は過ぎ去ってから意味が分かるものですが、スマートフォンや、e-bookの時代になって初めて、この作家の生きた時代が人や物を含めて出版の黄金時代だったことに思い当たります。ですから、ちょっとひいて考え直すと、 この書誌はあるいは出版業黄金時代の墓碑銘なのだといえるのかもしれません。

 

なおCiNiiでは3館所蔵となっています。

 

在庫は一冊です。カバーがあちこち破れていますが状態は良好です。売りきれのときはご容赦ください。